tiishiのネットビジネス初中級者用HMAP塾に参加
tiishiという若者のメルマガを使ったネットビジネス塾に入りました。私自身がネットビジネスに参入するためです。このビジネスは参入しても全体の5~10%程度しか大儲けできないとも言われています。始めたばかりですが、何故難しいのか分かるような気がします。そこで新鮮な感覚で何回かに分けてレビューをいたします。

tiishiとHMAP

tiishiのネットビジネス高額塾に参加しました。

tiishiはまだ20代後半なのに月収1,000万とか2,000万円稼いでるって人。

YouTubeに動画をアップし、どうも京都に住んでいるらしい。

18歳か前後にホストをして、時給の低さに泣いた経験があるそうだ。それから一発奮起し大学生ながら、ビジネスを始めたとそうだ。

彼の得意分野はDRMを使ったネットビジネス。それを塾にしたのがHMAPということ。このHMAPとは、Hybrid Mix Affiliate Programの頭文字を取ったもの。

名前の通りアフィリエイトの一領域だ。驚くことは、彼の手法による稼ぎは、アドセンスとかペラサイト・アフィリエイトの物なんか比較にならないものだということ。

 

そもそもネットビジネスって?

ネットビジネスを知らなかった人も多いだろうね。

次の短い動画に、転売の話しと無料オファーアフィリエイトの話があります。これはネットビジネスの1分野。彼の経験から、初心者は転売を経験して、ネットビジネスを体験するのが良いとのこと。経験を積めば、それが実績になっていくんだ。

無料オファーアフィリエイトがピンと来ない人も多いと思って、他の動画がありました。

とまあ、こういうこと。win winの関係が築けるかもです。でもこれさわりのさわり...

それに彼の得意なDRMだけど、この話はまだまだ先なんだ。

端的に言えば、メール・アドレスを集め、メールで説明説得し、個別の反応を見ながら購買心を掻き立てるという技です。いうまでもなく細かなテクニックが必要です。それをtiishiが細かく教えるというもの。価値は高い、当然ですけど。

 

高額塾経験者の憂鬱

高額塾はどれも教材が一杯ある。目を通しきれないほど多い。そこでよく言われることは、購入者の7割が読まない、目を通さない。7割のうち7~8%はダウンロードさえしないとか。何のために購入したんだと言いたいね。

3割の購入者でも脱落者は多いみたい。作業量が大変だからね。かといって今流行りの1日5分とかいうのは詐欺、あるいは過大広告となってしまう。

ノウハウをぶち込んだ高収益ビジネスなんだから、習得することが多いのは当然だ。なので、いかに上手に習得するかだよね。

意外に効果があるのは、チェックリストを潰していくやり方。多数のノウハウを学んでいくと、ふと過去に学んだことがあやふやになることがあるけど、これをチャックリストで見返すだけで記憶がハッキリするから不思議なもんです。

これは学び方の1テクニックに過ぎないけど、工夫してやっていけば、もれなく全部習得できるんじゃないですか。ホント。

自分に自信を持とうよ。「ドウセ俺なんか」とかは逃げてるだけだからね。この腰抜けと笑われるのがオチです。目的に向かって突き進むことこそ美しいんですよ。

 

HMAPの感想は?

まだ始めたばかりでさ、これからだよ。今後の記事で書いていくからね。期待しててね。

続きはこちら...

(注)敬称略
おすすめの記事