アフィリエイトの中間まとめ その1
このブログを始めてそんなに経っていませんが、記事を書くため、色々インプットしました。インプットすればアウトプットが必要です。なので中間取りまとめをしたいと思います。これまで公開した記事の取りまとめではなく、インプットしたものの取りまとめなので内容は濃いと思います。

アフィリエイトとは

アフィリエイトの仕事というのは、簡単に言えば、広告代行ということです。

商品やサービスの紹介(宣伝)を自分の媒体を通して行い、ユーザー(お客さま)が購入など(クリックとか)を起こせば報酬が入ります。アフィリエイターへの報酬は広告主がASP経由で支払います。

インターネットがすっかり日常化して、テレビ・ラジオあるいは新聞・雑誌の広告の他に、ネットの(ブログ)サイトやメールマガジンを使った宣伝やマーケッティングが急拡大しましたが、ここに個人が多く参入したというわけです。

 

アフィリエイトの扱う分野は色々ありますが、主要なものは次のようになります。

■ネットビジネス系(情報起業含む)
■投資系
■英語系
■健康系
■美容系
■ダイエット系
■恋愛系
■スピリチュアル系

などなどです。

各自が得意な分野を選んで、情報発信しているのです。個人が色々な切り口で宣伝しますので、色々なニーズにも応えることにもなります。

ネットビジネスの場合、特に情報系は物質的原価は殆どありません。つまり、在庫を抱えるいわゆる在庫リスクはありません。従って、利益率も高いです。

また見込み客もネットを通してですから、日本全国とか世界中とかにいます。

なので情報系アフィリエイトの中には、突然、例えば月収1億円とかの大きな稼ぎをする人が出現することがあるのです。

アフィリエイトの種類と特徴

アフィリエイトの収入は、クリック報酬と販売の成功報酬があります。大きく括ると下表のようになります。

タイプ 代表例 概要 報酬例
クリック報酬 Googleアドセンス Googleの審査を経て、ブログに自動的にバナー広告などを張り、読者が広告をクリックして広告主のサイトへ誘へば報酬 安い
1クリック何十円とか
販売報酬 アマゾン・アフィリエイト、楽天アフィリエイト 読者がブログからアマゾンあるいは楽天のサイトに行き商品を購入すれば報酬が発生する 販売額の1%とか2%で報酬額は低い
無料オファー販売報酬 オプトイン・アフィリエイト 主にメルマガ読者などに他の広告主の資料を受け取ってもらうためメールアドレスの登録をしてもらえば報酬が発生する 1件500円、それ以上
有料商材販売報酬 有料商品アフィリエイト 広告請負会社ASPに登録し、その商品やサービスを主にメルマガ読者などに購入してもらうと報酬が発生 報酬額は通常前述の物より10倍以上大きい
自己商材販売報酬 インフォプレナー 自分自身で商材を制作し、他のアフィリエイトと共に自分自身でもアフィリエイトを行い、メルマガ読者などに広告を出し、購入してもらうと報酬発生 販売者とアフィリエイターの二つの報酬で非常に大きい

一般に言われていることですが、Googleアドセンスでは月10万円稼ぐのも難しいです。無料オファーアフィリエイトでは与沢翼が有名です。月収3,000万円以上の実績もあるそうです。

有料アフィリエイトとかインフォプレナーで、前回の記事の蝶乃舞とかtiishiも高額収入を得ています。この領域では他にも、情報系ASPの大手、インフォトップの表彰者など、大きく稼いだ人が沢山います。最近では短期間で月収1億円越えをした佐々木啓太もこの中に入ります。

アフィリエイトのやり方

ネット販売、いや一般にマーケティングと言っても良いですが、次の集客教育そして販売の3つのステップを踏みます。これをネットビジネスのアフィリエイトの観点で見たのが下表です。

 

ステップ 概要 媒体
集客 ブログ読者などからメルマガ登録をしてもらうのがこのステップ
最近は様々なメディアがあり、ブログの他に、Line@やFacebook、Twitter、YouTubeなどからブログのメルマガ登録に誘って成果を収めている人もいます。
また、有料の集客では、オプトインとか発行部数の多いメルマガに号外広告を載せたり、Facebook広告、Yahooなどへの広告などで集客するというのもあります。
ランディングページ
メルマガ登録

ブログ
Facebook
Twitter
YouTube
教育 販売目的の商材について、興味、信用・信頼、そして共感、好意を持ってもらうステップ
このステップの中心メディアはメルマガとLine@です。主に文章で信用してもらったり共感してもらいますが、動画を貼り付けることも最近は多くなってます。
加えて読者・視聴者からの感想を書いてもらうことで、視聴者の信用を高めたり、あるいは販売者側の商品コンセプトを修正したりして、一層の効果アップを図ります。
メルマガ
動画
販売 販売あるいは申込みを募るステップ
通常、縦長のセールスレターと呼ばれるペラサイトを使います。これまでの信頼や好意を再確認し、購入を決意してもらいます。非常に長くなるのが普通です。
販売ですから、募集期間を決め、値段を発表します。決済方法も決めます。決済は、現金やクレジットカード、PayPalと手段を増やしたり、分割も導入すると購入者が増える傾向があります。またテクニックとして、短めの終了期日や販売数量を決めることで、商材の稀少性を出させるというのもあります。
セールスレター

集客にもう一つ大事なことを加えますと、自己ブランディングを立てるということです。

これは、与沢翼や蝶乃舞が言っているように、数多くの見込み客を集めるにはあなた自身のブランディングをするのが効果的です。例えば、与沢翼ですと「あの派手な」とか、蝶乃舞ですと「女王様キャラ」だったりするわけです。

さらにもう一つ重要なことは、無料プレゼントを惜しみなく与えることです。無料レポートとか無料アプリとかです。

ネット上には、価値のあるものも色々ありますので、それらを集めてちょっと加工を加えればあなたの作となりますから、プレゼントには困らないはずです。

また、メディア毎の集客効果ですが、佐々木啓太の動画で、Line@が一番効果が高く、次いでメルマガやFacebook、そしてTwitterと言ってます。YouTubeは少し反応が遅いという分析でした。Line@はとにかく到達率が高いのです。昨今、メルマガは迷惑メールフォルダに入ったりすることも増えていますので、すこし遅れをとったのでしょう。

とはいえ、メルマガにはメルマガにしかない良さがありますので、Line@と合わせて使うのが良い効果を収めれます。

アフィリエイト手法

ネットマーケッティングの手法で効果が高いと言われるのが、ダイレクト・レスポンス・マーケティング(DRM)です。具体的には、メールリストで販売促進メールを送り続けるものです。お客様の反応を見ながらですので、修正を加えることも容易です。

インターネットを介するのは一方通行になりがちですが、これがメルマガだと相手反応が少し得られやすくなります。だからメルマガが中心手段になっているんです。

 

ここで誤解のないように数値を上げます。ネットを介したマーケティングで最高の成約率は5%だと言われてます。これを超えると誇大広告になると言います。見込み客を100として、最大に購入してしてくれても5人だということです。でも通常は1%で成功だとします。それくらい難しいことなんです。

人は、「読まない。信用しない。行動(購入)しない。」ものなので、心のブロックを上手く壊しながら信用してもらい、好意を持ってもらっていくのがDRMの重要な役目でもあります。

最後の詰めのセールスレターはえらく縦長です。A4判で換算したら40ページとかそれ以上になるのが普通だと思います。このようになるのは、信用されてないところから始めるからです。もし信用されている人相手であればホンの2~3ページで済むはずなんです。

 

とまあ、ここまで来ました。途中ではありますがネットビジネスを始めようと思うなら準備しないといけないことを列強します。

□ ブログを作り(当初はアメブロなど無料でもいい)、投稿する
□ Facebookアカウントを取得し、投稿する
□ Twitterアカウントを取得し、ツィートする
□ Line@アカウント取得し、友達を集めチャットをする
□ YouTubeアカウントを取得し、動画をアップする
□ 自己ブランディングをする
□ インフォトップのアフィリエイター登録
□ 他のASP(A8など)にもアフィリエイター登録
□ エキスパ(メール配信ポスト)に登録
□ メルぞうなどの無料レポートポストに発行者登録
□ 無料レポートはいつもチェックし、面白そうなものはダウンロード
□ メルマガ登録フォーム、ランディングページの作成
□ メルマガやステップメールの作成

などなど。まだまだ色々あると思うけど取り敢えずこれくらいのことをやっていれば次へ進むのも簡単でしょう。

 

(注)敬称略

最近のコメント