LUREA : ショートレンジ戦略
人気情報商材LUREAの内容ついて話します。これは大きく3部構成になっていて、あたかも初級、中級、上級のように、ショートレンジ、ミドルレンジ、ロングレンジの各戦略となっています。今回の記事ではショートレンジ戦略を中心にまとめます。

早い人は10日で終了

ショートレンジ戦略と言うのはLUREAで使われる言葉です。入門編・初心者編という位置づけです。

ショートレンジ戦略では、FC2とかSeeSaaなどの商用にも使える無料ブログのアカウントをまず取得します。

そして、楽天やアマゾン、ヤフーといったところの商品をこの無料ブログ上でアフィリエイトをする実践編です。

と言っても、アフィリエイト収益を上げることが目的ではなく、アフィリエイト記事作成に慣れ、経験値を上げることが目的です。これは全くの初心者に配慮した導入編と言ところです。

想定している記事自体長いものではなく、300字前後の短いもので良しとしています。そして、記事を書く際には、楽天などの商品をみて、自分の好きな物とか詳しい商品を選択して、それに合ったキーワードを選択する練習が主目的の一つです。

1日何十記事も書くことを目標としますが、最低でも1日1記事というところでしょうか。400字詰めの原稿用紙1枚にも満たないので、慣れてる人なら拍子抜け、全くの初心者でも少しのやる気で可能なものです。

なので少しブログなどをしたことがある人にとっては超簡単です。また、中には少し収益を上げる人もいるようです。

ここで少し解説しますが、無料ブログは多くの登録者が各自で個別ブログを作っているものです。ブログ運営者がいろいろ細かな設定をしますので、登録者は文章を書くことだけに注力すればいいものです。無料ブログ自体のいわゆるサイトパワーは非常に強いものがあります。なので短い記事でも、適切なタイトルをつけるとすぐ検索結果の上位に表示されます。

ただ、無料ブログは運営側の事情で簡単にあなたの記事を削除したりしますので、リスクは高いです。なので取りあえずショートレンジ戦略の訓練用に使うというところです。

個別スキルも学び始めます

一般に、ブログ作成には主に以下のようなスキルを磨く必要があります。

SEO対策(Googleなどの検索で上位を狙う)
ライティング
画像処理

と言ったもので、初心者は意識して学んでくださいということろです。

SEO対策

LUREAではSEO対策を内部要因と外部要因と大きく2分して説明します。

内部要因はブログ内で出来る対策です。例えば、

もともと検索数が多いキーワードをタイトルに埋め込む
キーワードに合致したオリジナルな文章を書く
カテゴリー分けは簡単明瞭にする
記事と記事の間の関連性に従いリンク(内部リンク)を張る
記事の更新頻度を高める
記事のボリュームを増やす

などです。

次に外部要因ですが、

外部からリンクを張られる(被リンクのこと)
記事更新時には更新を知らせるPING送信をする

などがあります。

被リンクについての細かな説明がなされていますので、それを参考に対応すればいいということです。

ただし、被リンクは重大な注意事項があります。

実は、少し前まで、被リンクのサービスを提供する業者がいたのです。多くのアフィリエイターは業者にお金を払ってサービスを受けたことがあります

問題は、業者のおおもとのサイトはクズサイトが多かったことです。これはGoogleの評価基準に反します。本来、被リンクは、まともなサイトから張られていれば価値があることを意味しますが、クズサイトではGoogleの検索能力を疑われます。

なので、Googleの対処は厳しいものがあります。警告を発し、改善が見られなければ、被リンクされてるサイトを検索外に飛ばしたりしました。処分されたアフィリエイターは収入激減の憂き目をあいます。まさに死活問題ということです。

LUREAはこの点を十分に理解した上で、妥当適切な説明をしています

ユーザー目線のライティング

慣れるために後先考えず記事を書いた一方で、読者を惹きつける文章の書き方も指導します。

端的に言えば、中学生にも理解できるユーザー目線で簡単明瞭な文章を書くように訓練することです。同時にその文章はユーザーに購買心を湧き起こさせないといけないということです。

その辺りは、キーワード選定と絡めてテクニックがあります。非常に詳しく説明がなされていますので、習得すればかなりのレベルアップとなることは間違いないです。

また、長いセンテンスだと嫌がられます。ユーザーがページから離れられては元も子もありませんから、ユーザーの目線で、好まれる短いセンテンスとか行間を空けるなどのテクニックも説明されています。

まあ、学んだからと言って終わりではありません。練習練習です

スマートで簡単な画像処理

画像とは主に記事内に載せる商品の画像やクリックしてもらうボタン(バナー)です。画像処理ツールではAdobe社のPhotoshopが有名ですが、これは値段が高く操作も難しいの初心者用ではありません。

むしろ、PhotScapeという無料のツールがお勧めです。このアプリケーションはダウンロードページから無料ダウンロードできます。これは多機能でなかなかの優れものです。

操作も簡単です。LUREAはこの操作方法を詳しくPDFで説明しています。説明の仕方が上手で、すぐにでも操作の習得ができる感じです。よくYouTube動画でも説明ビデオが見られますが、ビデオではよく分からずの消化不良になることが多いのです。これがPDFだとすっきり習得できます。ダウンロードしてすぐにでも使えると言えます。

これでJPEGやPNGなどの画像ファイルは自由自在に処理できるようになります。つまりスキルアップです。

以上がショートレンジ戦略の概要です。

 

最近のコメント